消費者金融の履歴と住宅ローンの審査

2013年5月21日 // by pj

消費者金融から借り入れをした履歴があると、それが後々になって影響することがあると言われます。例えば、住宅ローンの審査に影響することがあるのです。 例えば、消費者金融に口座を開設していて、そして現在はすべて完済していてお金を借りていないとしても、100万円の限度額が設定されているとすれば、いずれは100万円までは借りる予定があるとみなされることにもなります。借りれば当然のことながら毎月返済をしていかなければなりませんから、住宅ローンの返済にまで手が回らなくなる可能性もあるでしょう。このような事から、審査が厳しくなると考えられるのです。→消費者金融の審査の通り方

口座を開設しているだけでも審査が厳しくなる可能性がありますから、もしも現在は消費者金融を利用していないのなら、住宅ローンの審査を受ける前に口座を解約してしまうのが良いでしょう。また、クレジットカードのキャッシング枠も同じように扱われますから、これも解約をしておくのが良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>