レイクの審査の勤続年数

2013年3月10日 // by pj

レイクの審査では勤続年数を確認することが多いでしょう。

これは審査項目の中でも重要なものの一つです。

レイクに限らず、キャッシング会社はお金を貸すときには、返済できるかどうかを審査によって判断をお行いますから、安定した収入があるという事を前提としているのです。

勤続年数が長いということは、つまり転職をしないと言うことを意味すると考えられます。

ですから、収入は安定していると考えられるのです。

転職を何度もしていて、そしてそれぞれの会社で働いた期間が1年未満というような場合には、収入が安定しているとは言えないでしょう。

どれだけ年収が高くても、このような場合には収入が安定しているとは判断されません。

では、具体的にはどれくらいが必要となるのでしょうか。

審査の内容は企業秘密ですから公開されていません。

しかし、一般的な傾向としては、最低でも6ヶ月、できれば1年というのが規準と考えられています

他の要因も影響してきますから勤続年数だけでは判断できませんが、半年から1年くらいを目安に考えておきましょう。

Comments are closed.